ドングリが死んだ。2012-11-08

2012年11月8日0時30分、ドングリが死んだ。

ここのところずっと具合が悪くて、元気がなかった。

このあいだからトイレをしくじるようになって、さきおとついからは寝床でしてしまい、オムツを付けるようになっていた。

それが急に逝ってしまった。
そうながくはないだろうと思っていたが,早すぎるよ。ドングリ。

スズメバチの巣、発見→撤去2012-05-22

コガタスズメバチの初期巣
家の軒下にハチの巣発見!
どうもコガタスズメバチの初期巣で女王ハチがせっせとこしらえたものらしい。

この中で働き蜂が生まれ育ち、巣を拡張してバレーボールぐらいにまで成長するとか。
そうなるともう、バイオハザードですよ。第1級危険区域ですよ。
でも、今なら間に合う。さあ勇気を持って、撤去するんだ。

おっ、ちょうどお留守みたいだ。
厚手の手袋に虫よけ帽子の完全武装で、そっと近づき、「トントン」だれかいませんか?
よし!お留守となれば今のうち、袋をかぶせ「サッ」ともぎ取る!

ほー、これで安全。いっきに疲れた。

今年も桜が咲きました2012-04-15

近所の城山の桜。

子供の頃にはここに神社があって、などと思いに浸るには絶好の日和でした。

あー、久しぶり2012-04-15

ずいぶん長いことほったらかしてあった。

まだ、このページが生きていたのが以外なくらい時間が過ぎて、でも、三匹のネコとの生活は相変わらずというか、無事に続いているのがありがたい。

父の入院2009-09-12

えっ、もう行っちゃいけないのー?
写真は『お隣に遊びに行こうとして、ネコ返しにあうドングリの図』
ここは四階なんだから、手すりにのぼるのは止めて。


今週の火曜日に父が入院した。

この夏、「しんどいしんどい」と言っていたのを、暑さゆえの夏バテだろうとタカを食っていたが、精密検査の結果、心臓弁膜症のため血液がうまく流れず、心不全を起こしていたのが原因だった。

診察室に入って、検査結果が出るなり、『入院していただきます。」と、車いすにのせられて救急救命センターの病室に運ばれ、心電計やら、酸素チューブやら、血中酸素センサーやら、繋ぎまくられて、ベッドから降りることもできなかった。

それが昨日になって、やっと一般病室に移動できて、きょうは心電計も常時監視から携帯記録型になったので、やっとベッドから降りることができるようになった。

これでトイレに行ける。と喜んだが、五日間寝たきり状態だったので、動くのが不自由そうだったが、とりあえず自力でベッドからおり、歩いてトイレまで行けたので嬉しそうだった。

92歳ともなればちょっとしたことで、すぐ寝たきりやら痴ほうになりかねないだけに、心配したがとりあえず山は越えた、かな。