父の入院2009-09-12

えっ、もう行っちゃいけないのー?
写真は『お隣に遊びに行こうとして、ネコ返しにあうドングリの図』
ここは四階なんだから、手すりにのぼるのは止めて。


今週の火曜日に父が入院した。

この夏、「しんどいしんどい」と言っていたのを、暑さゆえの夏バテだろうとタカを食っていたが、精密検査の結果、心臓弁膜症のため血液がうまく流れず、心不全を起こしていたのが原因だった。

診察室に入って、検査結果が出るなり、『入院していただきます。」と、車いすにのせられて救急救命センターの病室に運ばれ、心電計やら、酸素チューブやら、血中酸素センサーやら、繋ぎまくられて、ベッドから降りることもできなかった。

それが昨日になって、やっと一般病室に移動できて、きょうは心電計も常時監視から携帯記録型になったので、やっとベッドから降りることができるようになった。

これでトイレに行ける。と喜んだが、五日間寝たきり状態だったので、動くのが不自由そうだったが、とりあえず自力でベッドからおり、歩いてトイレまで行けたので嬉しそうだった。

92歳ともなればちょっとしたことで、すぐ寝たきりやら痴ほうになりかねないだけに、心配したがとりあえず山は越えた、かな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pk3m-izt.asablo.jp/blog/2009/09/12/4577108/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。